• タモツ

Lib【ササキツカサという男】vol 1


こんにちはショートカットが得意な美容室【Lib】のタモツです。

これから何回かに渡って古くからの友人でもあり、ビジネスパートナーでもある同僚のササキツカサをご紹介したいと思います。

美容室は人で成り立っていますので、お客様に安心して通って頂けますようササキツカサの魅力を僕目線でご紹介したいと思います!笑

より彼の魅力が伝われば幸いです。

彼との出会いは、14年前くらいですかね?

長野の美容専門学校で同じクラスでした。

当時仲良くつるんだ仲間の一人でいつも一緒に遊んでいたのを覚えています。

特に僕らはお世辞にも真面目とは言えず、正直落ちこぼれでしたね。笑

よく先生にも怒られました。

授業も寝てばかりいた気がします。笑

ですが、いずれは東京でバリバリ美容師をやるんだという夢だけは持っていたのも覚えています。

今では口だけ達者な若造そのもので恥ずかしく思います。笑

都内有名店で働くのがお互い理想でしたが、現実はそう甘くなく…

受ける面接ことごとく落ちました。

それでも東京でやりたい気持ちは変わらず、色んなお店の面接を受け

某チェーン店に2人とも拾われ晴れて美容師を始めることとなりました。

アシスタント時代は違う店舗でお互い頑張って技術や心を磨き、苦労をいっぱいした時期も声には出さずとも、お互い頑張っているのが励みになったものです。

ここでササキツカサの魅力!

1 ほんと人に流されない。笑

もともと自立心や向上心が強い彼なので、自分の理想とする美容師像がはっきりしていて、技術修得に対する妥協の無さや、いい意味で馴れ合いの関係を拒み、自分を追い込んでよく一人で夜まで残って練習していました。

20そこそこの若さで色んな誘惑がある中で、ほとんどの時間を美容に打ち込み、自分が納得のできる美容師になる為、日々コツコツ努力して。アシスタント時代はそれを貫いて美容師として生きている彼がとってもカッコよく見えたものです!

高い志を持ち

信念を曲げず貫き通す。

なかなかできることではありません。

そしてそれを

続ける事が本当に大変

彼はその大変さを誰よりも知っている事でしょう。

書いてても恥ずかしいですが、

僕が彼をリスペクトする一つの要因です。

今回はこの辺で。

また2人の関係や【ササキツカサ】の魅力をお伝えしますね!


221回の閲覧