• タモツ

Lib 町田 美容室【ショートスタイルのメリット・デメリット】


こんにちはショートカットが得意な美容室【Lib】のタモツです。

最近バッサリ髪を切る方が多いです。

春になるに連れてヘアースタイルを変え新規一転したい気分になるんですね。

僕も最近髪を切れてないので髪型を変えようか迷っているところです。

最近の流行りのヘアースタイルの傾向としても、ショートは人気で昔に比べ髪の短い女性が多くなっている様に感じます。

バッサリ髪を切って、周りからすごく褒められたなどの喜びの声も多くいただきます。

それだけショートスタイルに対しての認知度や人気、憧れが社会的にも上がって来ている感じなんでしょうね。

という事で、ショートスタイルをご検討中の方にちょっとした情報を。

題して『ショートスタイルの・メリット・デメリット』

実際いい感じのショートスタイルでも日々のスタイリングやお手入れはどんなもんなのかを少しでもイメージしていただけたら幸いです。

今回は胸くらいのロングから、肩上のショートにした場合の例でお伝えいたします。

メリット

小顔に見える

スタイルが良く見える

若々しく見える

ドライヤーの時間が減る

髪のダメージがあまりでない

デメリット

ロングよりはまめにカットが必要

朝、寝癖直しが必要な場合がある

まとめ髪ができない

ざっとこんな感じです。

小顔に見えるやスタイルがよく見えるなど『見た目の変化にいい事が多い』のがショートスタイル最大のメリットです。

ヘアースタイルというのは顔まわりや前髪のバランスで小顔効果は生まれますが、ショートの場合それらと後ろの髪のバランスがとても大切です。

どこからみても綺麗なシルエットになると、洗練されたお洒落な雰囲気になります。

他にも髪の乾かす時間も減るので、日々の生活で時間の余裕が生まれます。

その生まれた時間を他の事に使う事ができるのはとても有意義ですね。

しかし表裏一体人によってはデメリットもあります。

一言でいううと『手抜きができない』です。

髪が伸びると形が崩れてしまうのがショートスタイルなので、カットの回数はどうしても増えてしまいます。

最低でも二ヶ月に一回は伸ばしていたとしてもメンテナンスが必要です。

あとは髪が短ければ短いほど寝癖がつきやすいです。

朝の髪の直しやスタイリングを必要とする場面もロングよりは増えるでしょう。

一番の理想は朝頭を濡らして乾かす。

それが難しければ、部分的でもいいので濡らして乾かす。

寝癖は濡らさないと直らないんです…

いつも理想の綺麗なヘアースタイルにしていられれば幸せですが、お客様によってはそうもいかない時って必ずあると思います。

朝時間がない方や、お子さんがいらっしゃる方。

髪に時間をあんまりかけたくない方や、そもそもうまくやれる自信がない方。

そんな方でもショートを楽しんで頂ける様、なるべく手間をかけず素敵なヘアースタイルになる様心がけています。

ちょっとの努力で可愛く素敵なスタイルになれたら幸せですね。

お客様がいつも素敵にでいられるお手伝いができたら僕も幸せです。

迷ったり、悩みがありましたら何なりとご相談ください。

#Libのこだわり #StylingCare